「ほっ」と。キャンペーン
2008年 06月 11日

図書館 横

17〜18歳頃、中之島図書館へよく通った、別に勉強をする訳でもなかったが、少し賢くなったような気がするからだったのか、それともタダだったからか、ヒマだったからか。
ホームレス風の老人とよく顔を会わした、ある日その老人にペン(万年筆)を借りる
書きにくいですよと苦笑いしながら手渡される、驚いたペン先がへりすぎてうまく書けない。
その後、いろいろ話をしたようだがペン先の事が強烈で断片的にしか覚えたいない。
今、自分にも迫ってきているその時の・・・老人に・・・・・

b0143240_11395183.jpg

[PR]

# by mantarho | 2008-06-11 11:41 | 思ひ宥らむ
2008年 06月 10日

泣き虫くん

♪ 泣き味噌・この味噌・さんしょ もってはしれ ♪
私はよく泣く、泣かされて泣くのでは無いがじつによく泣く。
恥ずかしい想いの記憶がある、立ち寄った所は絶壁と海、
ある中佐が飛び降り自害した場所。
しゃっしゃぱちぱちり
私はしゃくり泣きしてしまった。周囲の怪訝な目!
なんでやねんここは泣いてもええ場所やろ!ヤング青年期の想い出・・・。

ヤァーこんにちは、久しぶりだね、よく来たね!
目の前に巨木が聳えている、もちろん初めて偶然の出会い。
千年以上ここで生きているのでしょう、すごい、でっかい、圧倒される、
でも心が和む温かさを感じる。以前逢ったような気がしてならない
数世前に逢っていたのかもしれない。
しゃっしゃぱちぱちり、ガンマンのように撃ちまくる、しゃっしゃぱちぱちり
レンズがくもる、ファインダーがくもる。
となりの あの人が私を視て・・・泣き虫くん・・・・・
b0143240_1117659.jpg

[PR]

# by mantarho | 2008-06-10 11:17 | 思ひ宥らむ
2008年 06月 09日

思ひ宥らむ

日曜日、ほんのちょっと年食っているが美形の姪が、我家で見合いをした。
慌ただしく二人を送り出し、私は畳にごろっと横になる。
意識がうとうと自分のむかしの時代をさまよっている、
目線の先に花瓶、いつの日からか置かれている、
少し気に入っている花瓶だがどこで手に入れたのか思い出せない。
あの人に聞けば・・・・・
b0143240_12582497.jpg

[PR]

# by mantarho | 2008-06-09 12:59 | 思ひ宥らむ
2008年 06月 07日

念願の写真ブログがやっと始まりますがしばらくお待ちください


[PR]

# by mantarho | 2008-06-07 21:22